T Z B log

ただ(T)の(Z)雑記(B)ブログです。

卒業していったい何 カワルというのか? 想像してみよう。

今週のお題「卒業」

いきなり亡くなった有名シンガーソングライターの

歌詞で始めさせてもらったけど

卒業って学業とか事業とかの

業 以外で

よく

  • 三日坊主を卒業します
  • 不規則な生活を卒業します
  • 煙草を吸うのを卒業します

のような使い方をされるワードだけど

こんな使い方をする人って

案外そのことを卒業できないでいる事がほとんど。

多分そのものの意思はあるんだろうけど

つづけることの大変さを

わかってないことが多い。

 

 

そりゃいままで長い事やってきた習慣を

卒業するんだからそりゃ大変だ。

 

自分で決めた事を続けられない人ってけっこう多い。

 

それって意思の強さの違いかもしれないが

計画性が足りないことによるものが大半。

なのでこれからいろんな事を卒業したい人に向けて

いかにして計画を実行していけばいいかは

以下の3つのステップが大切になるので

これから簡単に説明していきたい。

 

目次

1.卒業したい 目標に向き合う

f:id:miriyuko:20200308025826j:plain

その目標を達成するためには

どんな

  • 行動をとればいいのか?
  • 考えを持てばいいのか?

など一つ一つ落とし込んいく必要がある。

何事も計画が大切

 

いままでやってきたことをやめるのは

例え、いい事、悪い事でも簡単ではない。

続けてきた期間が長ければ長いほど

体や脳にしみこまれていて、

人間はいつもと違う行動にでると

体調が悪くなるようにできてしまっている。

  • 大食い
  • 煙草
  • アルコール

など食生活に関わるものは相当な

マインドが求められる。

なのである程度の計画性をもって取り組まなければならない。

いきなり辞めるのではなく

すこしづつ量を減らしていくのが

こういった依存性のあるものにはいい。

いきなりパッタリ辞める事ができる人もいるが

もしまたやってしまった場合

リバウンドが半端なくデカい。

 

卒業したい事柄を決めたら

いつまで? など計画を立てて取り組めば失敗は少ないはずだ。

PLAN DO SEE である。

 

卒業できた自分を想像する

目標を達成し卒業できた自分を想像することは

絶対に大切である。

理由としては

この苦しい苦悩の日々から解放されて

清々しい毎日を送っている事を想像することで

自然と目標に向かっていける前向きな考えを持てる。

 

仮に無駄使いを辞めたいと前向きに頑張っている人は

余計な物を買おうと思わなくなると想像することができれば

いらないものをレジに持っていくことがなくなる。

 

はじめがとっても大変だが積み重ねていくうちに

だんだんと楽になっていくことだろう。

全てのことに対してこれと同じ事が言えるに違いない。

DREEMS CAME TRUE ともいえる。

 

2.誘惑に負けない

私たちに毎日にはいろんな誘惑に満ちている。

それに打ち勝つにためには

自分に負けないことが必要である。

周りから誘いも断ることが時には必要だろう。

結果にコミットする じゃないけど

目標にコミットすることだ。

そのためには今までの人間関係を壊すことだって

必要になるかもしれない。

 

ギャンブルを辞めようとしている人が

ギャンブル仲間からの誘いがあっても

断る勇気が大切になる。

 

甘いものを辞めようと思っている人には

便利なはずのコンビニだって誘惑の対象になる。

ただお弁当を買いに行ってるだけなのに

レジにそっとイチゴ大福が置いてある。

手を伸ばしてはいけない。

 

己に打ち勝たなければならない。

 

3.周りに宣言する

会社の同僚や友達、家族に宣言するのも

有効な手段の一つ。

しかしこれは本当にあなたの事を

思ってくれているかそうでないかで違ってくるが

ここでは思ってくれている前提で話を進める。

 

言ったもん勝ち

などという言葉があるが

それは意思の強い人というのが前提であるが

もしそうでなくても

何度か言ってるうちに

人によっては

 

「またくちだけだから」

 

となってしまうかもしれないが

そんな時にこそ踏ん張ることができるように

ならなくてはならない。

本当に目標達成して卒業したいのであれば

何度こんなことを繰り返したっていい。

 

七転び八起きである。

Always rising after a fall

 

卒業=シンプル化

f:id:miriyuko:20200308025924j:plain

自分なりの目標を達成して

卒業できたとしてもおそらくまた何か

卒業したい事柄が出てくる。

 

人間は日々進化する生き物だから

それは向上心の現れでいたしかたない。

卒業したい=無駄をなくしたい

のような使われ方は自分を高めることに

とても役立つように感じる。

 

人生は選択の連続だ

人生の目標を達成するためには

全てにおいて

無駄をなくしてシンプルにしていく必要がある。

 

学業における卒業とは

学校を卒業することだが

 

人生における卒業は

目標達成における一つのステップにすぎない。

 

高ければ高い壁の方が

登った時 気持ちいいよ

みたいな歌詞が

ミスターチルドレンの終わりなき旅にあるけど

 

今の日本における高い壁は

コロナウイルスに違いない。

1日も早くコロナ騒動を卒業して

通常の生活を取り戻して

東京オリンピックが無事に開催されることを

願うしかない。

 

コロナ騒動を卒業し月日がたてば

未来に同じような事が起こったとしても

今回の事を教訓に学校を休校させることが

効果があったのかははっきりしていることでしょう。